婚活 大阪 合コン

友達にお願いをして合コンをセッティング

私は、友達にお願いをして合コンをセッティングしてもらい、婚活をスタートしました。

いつも職場と自宅の往復の生活で、まったく出会いがありませんでした。

でも、これではいけないと思ったので、合コンをセッティングしてもらいました。

年齢ももう20代後半ですし、そろそろ本気で婚活をしないと20代のうちに結婚できない、と焦っていました。

友達がセッティングしてくれた合コンには、警察官が数人来ていました。

とても男らしい人ばかりでイケメンでした。

警察官という仕事をしているだけあって正義感も強く、責任感が強い人ばかりでした。

男性は5人来ていたのですが、その中の一人がとても気になっていました。

その人はとても背が高くて、笑顔が素敵で、優しく話しかけてくれる人でした。

その人も警察官の一人でした。

私は、結婚するならこの人がいい、と思ったので、積極的にアピールをしました。

彼にお酒をついであげたり、料理を取り分けたりして女子力をアピールしました。

また、彼の隣に座って、お互いの趣味の話しをしたり仕事の話しをしたりしました。

私は積極的に彼にアピールをしたので、彼が好きという気持ちは伝わっていたと思います。

それくらい必死でアピールをしました。

彼はとてもイケメンですし、待っているだけでは誰かにとられてしまうと思ったからです。

合コンで、その人とアドレスを交換することもできました。

その日から、積極的にメールを送りました。

でもしつこくてうざいと思われてしまったら大変なので、メールは毎日ではなく数日おきにしました。

メールのやり取りも、お互い趣味が同じなのでとても盛り上がることが多かったです。

そんなある日、彼から食事のお誘いがありました。

本当に嬉しくて、私は新しい洋服を買いに行ったくらいです。

彼と二人きりで初めて食べた料理はパスタでした。

パスタの美味しいお店に連れていってもらえたのですが、とても美味しくて幸せな時間でした。

二人きりでいろいろな話しをしました。

その日の帰りに、私から告白をしました。

彼の返事はOKでした。

私たちは、無事にお付き合いをすることになりました。

それから数か月後、プロポーズを彼からしてくれました。

こんなにとんとん拍子に結婚が決まると思っていなかったのでとても嬉しかったです。

積極的に、自分から告白をして本当に良かったと思っています。

合コンを開催してくれた友達にもとても感謝しています。

婚活を成功させるには、自分から積極的に動くことも大切だと感じました。

出会いがないなら婚活パーティーへ

出会いがないのなら出会いを探しに行けば良い

友人や会社の同僚、親戚などが結婚をしていく中、私は独身を貫いていました。

というよりも相手がいないので結婚ができないと言った方が正しいですね。

過去には結婚ができたら良いなと思える男性もいたのですが、残念ながら別れてしまったり、あるいは別の女性と浮気をされて別れてしまうようなことも。

そんなこんなで歳ばっかりとってしまい、気付いたら女としての賞味期限が切れそうな年齢に差し掛かっていました。

結婚をしたくない気持ちがある訳ではないですし、できれば子供も欲しいと思っていましたので結婚願望はありました。

でも肝心の相手がいなければどうしようもありません。

しかもその相手が見付かりそうな気配もなく、このまま未婚で人生が終わってしまうのではないかという絶望感も少なからず抱えていたのです。

その為、普段から出会いがないかなと思いながら日常を過ごしていたのですが、そんな時にふと参加しようと思ったのが婚活パーティーです。

きっかけはテレビで婚活パーティーの特集をやっており、カップルになられる方も多いようですし、しかも楽しそうな雰囲気もありましたので興味を持ちました。

出会いがないのなら出会いを探しに行けば良いと思い勢いで申し込みを行い、そのイベントの日を待っていたのです。

婚活パーティーは初心者であり、具体的にどんな感じなのかも分からずに参加しましたが、どきどきと緊張する一方で出会いの為に頑張っている感じが不思議と心地良い感じもありました。

そしていよいよパーティーがスタートしたのですが、そのイベントでは始めは指定されたテーブルに座って会話を楽しむという形式でした。

2分位の時間が経つと男性の方が移動してまた別の男性と会話をするというものだったのですが、こんなにも沢山の男性と会話をすることは今までなかったので途中から変な汗が出そうな状態。

それでもいろいろな方と会話を楽しみましたが、プロフィールを見てみると本当に様々な人が参加されているんだなという印象でしたね。

年齢についても幅広かったですし、職業もいろいろで普通の会社員の方もいればお店をやっている方だったり、弁護士の方なんかもいました。

さらには男性のタイプも様々で見るからに真面目そうな人もいれば、絶対にこの人は何回も婚活パーティーに来ているのだろうなという明らかに場馴れしているような人もいましたね。

いろいろな人と話すことによって刺激がありましたし、良い出会いもありそうだと期待しながら参加していました。全員の参加者との対面が完了するとフリータイムといって今度は自由に気になる相手のところへ行き話をすることができる時間になるのですが、男性から声を掛けられた時にはちょっと嬉しかったです。

普段の生活で、「話をしましょう」と誘われることはしばらくありませんでしたので、久しぶりに誘われるどきどき感だったり、喜びを思い出したような気がしました。

誘ってくれた男性はお店をやっている方だったのですが、飲食店をやっているということもあって興味深かったです。

私は将来的にお店をやってみたいなと思っていましたので、そういったことも含めていろいろと会話を楽しみました。

また、その男性はルックスもなかなか良い感じで見た目で惹かれている部分も正直ありましたね。

ただ、結果を言えばその男性とはカップルになるようなことはなかったです。

残念ながら他の女性とカップルになってしまったのですが、気になる人ではあったので残念でありちょっと悔しいような複雑な気持ちでした。

では私がカップルになることができたのかについてですが、嬉しいことにカップルになって婚活パーティーを終えることができました。

その方はごく普通のサラリーマンであり、ルックスに関しても普通と言っては失礼ですが普通の男性でした。

でも一緒にいるととても落ち着くなという気持ちがありましたし、自分を曝け出せる雰囲気を持っていました。

また、会話をしている時にも、会話の間が合うというかフィーリングが合うのも良かったですね。

ですからフリータイムの殆どはその男性との会話だけで終わってしまったのですが、最後にはその人とカップルになって帰れたら良いなと感じていたのです。

カップルになる為には相手と自分がお互いに番号を指名し合うことが条件だったのですが、その為に番号を書いた紙をボックスに入れてイベントスタッフに確認をしてもらいます。

そして番号が一致したらそれを教えてもらって見事にカップル成立ということになります。

私の番号を選んでくれると嬉しいと期待しながら発表を待っていたのですが、結果的に私を選んでくれましたので、

「やった!良かった」

という気持ちでした。そ

して今でもその男性とのお付き合いは続いており、相手の実家へ行ったりしていますので将来的には結婚をするのかなと思っています。

まだ、プロポーズをされた訳でもないのですが、でも良い結果になればいいなと密かに考えています。

婚活パーティーへ興味

興味本位で婚活パーティーへ参加

婚活パーティーへ行こうと思ったのは私生活で結婚相手が見付からないのも理由ではあるのですが、どんな感じのイベントなのか興味本位という部分もありました。

昔と違ってこうしたイベントに参加される方も多いようですし、一度位は参加してみようかなという軽い気持ちでしたね。

初めて参加してみた婚活パーティーはそれほど規模の大きくない、全体の参加者が40人程度のものだったのですが、会場には色々な人が集まっていました。

イメージでは失礼ながらももっと恋愛には縁が無さそうな方が多く集まっていると思っていたのの、全然そんなこともなく至って普通の男女ばかりでした。

予想と大分違っていて婚活パーティーは誰でも気軽に参加できるフランクなイベントなんだなと感じました。

イベントの進行スタイルとしては始めにテーブルに着き、それから回転寿司のように回っていく流れでした。

つまり全員が一度は話せるように配慮がされたものなのですが、一気に沢山の人と会話をすることができますので良いですよね。

普段の生活でこんなにも沢山の異性と会話をすることはありませんし、しかも色々なジャンルの人との会話ができますのでとても効率的に思いました。

私はあまり人見知りをしないタイプですのでどんどん打ち解けていくことができ、とても楽しいイベントだなという印象でした。

続いて気になる人と自由に会話を楽しむスタイルに移行するのですが、やはり人気の人には沢山の人が集まりますが、一人になってしまう方もいましたね。

ちなみに私もフリータイムになった瞬間に一人になり内心苦笑いでした。

それでも何とか話相手を見付けて良い関係になろうと頑張ってみたのですが、案外気の合う人って見付からないものですね。

趣味の話なんかをしたり、結婚についても触れてみたりするのですが、他にも沢山の参加者がいて欲が出てしまうのでしょうか、ついもっと良い人がいないかなと探してしまう自分がいました。

そんな気持ちが相手にも伝わってしまうのかその婚活パーティーではカップルになることもなく終了してしまったのです。

軽い気持ちで参加したイベントですし、出会いがなくてもいいやという気軽な気持ちがあったのですが、一度参加したことで次こそはカップルになりたいという気持ちが芽生えてきました。

ですから再度婚活パーティーに参加することにしたのです。

もちろん今度は真剣な気持ちで参加しましたし、絶対に良い相手を見付けてカップルになるぞという強い気持ちがありました。

次に参加したのも最初と同じ位の規模のイベントだったのですが、相変わらず色々な人がいましたし、また違った人ばかりですので新鮮な気持ちで参加することができましたね。

その時も回転寿司スタイルで順番に会話をしていく流れでしたが、今回は気になる人が結構いて俄然頑張ろうという気持ちが強くありました。

ですから嫌がられない程度に必死になってアピールをしてみたのですが、お陰でフリータイムに入った時には話掛けてくれる人もいて嬉しかったです。

結果的に私1人と3人の女性との4人でテーブルに座って会話をする状態になり、日常の生活ではなかなかないシチュエーションでドキドキの気持ちでした。

しかしながら1人減り、また1人減って最終的にマンツーマンの状態になったのですが、でもその女性とは本当にフィーリングが合うなという印象でしたね。

私は自転車や釣りなんかが趣味なのですが、その方もアウトドアが好きということで話も盛り上がりました。

そしてそのイベントでは連絡先の交換も自由に行って良いというものでしたので、メールアドレスも交換することができました。

そしてとうとう時間になってイベントが終わる時がきたのですが、そのイベントでは参加者の前でカップルを発表するようなスタイルではなく、カップルになった人だけが結果を知ることができるというものでした。

そしてカップルになった人には相手の番号が書かれている紙を渡されるのですが、何も番号がなかったらどうしようとドキドキな気持ちでした。

しかし紙を見てみると連絡先を交換した方の番号が書いてあったのです。

つまり相手の方が私を選んでくれたということですし、もちろん私もその方を選んでいますのでカップル成立となりました。

まるで学生の頃の合格発表のような気持ちでとても嬉しく、カップルになれて本当に良かったです。

初めてイベントに参加した時は軽い気持ちでしたが、二度目に参加した時は心からカップルになりたいという気持ちを持って臨みましたので、その願いが叶ったかのようで久しぶりに心から笑顔になれたかなと思いましたね。

カップルになったその女性とはどうなったのかと言えば、実は今度結婚をすることになったのです。

まさか自分がこうしたイベントで出会った女性と結婚をするとは思っていなかったのですが、しかし参加したお陰で運命の人と出会えた訳ですので、参加しようと思った自分と出会ってくれた彼女に感謝ですね。

婚活はじめました

40代目前で婚活を

将来は普通に結婚でもして子供もできるのだろうなと昔は思っていました。

特別モテないという方ではありませんでしたし、だからといってモテる訳でもないのですが、結婚ができるだろうという根拠のない自信もあったのです。

しかしながら20代30代と歳を重ねていってもいつまでも独身である現実がありました。

というのもそもそもの出会いが全然なくなってしまったからです。

社会人になってからは殆ど出会いらしい出会いがありませんし、合コンなどに参加するタイプでもありませんので余計に出会いの場がなかったです。

その為、40代目前になっても独身の自分の将来がとても不安でした。

親も早く孫の顔が見たいとそれとなくプレッシャーを掛けてきますし、周囲の友人や同僚なんかもどんどん結婚していきますので、これは結婚について真剣に考えてみないとまずいかもしれないと本気で思っていました。

そこで意を決して参加してみようと思ったのが婚活パーティー。

はじめはこういったパーティーに参加するのは自分はモテない人間であることを認めたような気持ちがありましたので、参加したくない気持ちもありましたが、現に結婚もできていないということもあり、藁にもすがる想いを抱えながら参加することにしました。

私が参加したのは、とあるホテルの一室を会場にした婚活パーティーでしたが、会場に着いてみると続々と参加者が集まってきました。

こういったイベントに参加するのはどんな男女なのだろうと周囲を見渡してみると、普通にモテるのでは?

と思えるような所謂イケメンだったり、美人な方も結構参加していて驚きました。

婚活パーティーではまずプロフィールを作成するのですが、皆さん黙々と記入していて真剣度が伝わってきましたし、それと同時にこれだけのライバルがいる中で自分は相手を見付けることができるのかかなり不安な気持ちもありました。

プロフィールにはなかなか気の利いた感じのことを書くことができずにつまらない内容になってしまいましたが、こういった部分でも差が付いてしまうのかなと出遅れた感じもありました。

そしてパーティーが始まったのですが、いきなりフリータイムに入るのではなく、まず席について順番に相手を変えて全ての人と会話をするというスタイルでした。

必然的に色々な人との会話をしなければいけない訳ですが、普段なら絶対に会話をしなさそうな人達とも会話をする訳ですのでかなりドキドキしながら時間を過ごしましたね。参加者の年齢も結構幅広かったので、かなり若い人もいれば、反対に目上の人もいてどのように会話を進めていけば良いのか軽いパニックのように陥っていました。

中には女性の方からアグレッシブに話を振ってくれる人もいましたので何とか会話を進めていくことができましたし、それと同時に自分から話を上手く進められない不器用さを知って悲しくなってしまう部分もありました。

全ての人との会話をした後はいよいよフリータイムに突入する訳ですが、その際にはお目当ての人に早速寄って行く人もいれば、どうしたら良いのか棒立ちになってしまう方もいましたね。

私も実は後者の方であり、どのように立ち回れば良いのかよく分からない状態でした。

しかしながら勇気を出して一人になっている女性に話掛けたりしてみたのですが、私は会話を弾ませるのが思ったよりも上手くないようで盛り上がりはイマイチになってしまうことも。

それでも趣味や仕事の話だったり、結婚観のことなどについて会話をしてみたのですが、なかなか和気藹々とした感じにはならずに苦労しました。

でもそんな私でも何とか話が合う人を見付けることができ、この人なら話易いと思えるような人と出会うことができたのです。

その人とは年齢も近く、同じようにずっと独身だった人なのですが、パッと見た感じは特にモテなさそう人でもありませんでした。

どちらかと言えば私のタイプでもありましたので、フリータイムは殆どその人との会話に費やしましたね。

フリータイムが終了すると、最後にいいなと思った人の番号を書き、そして相手も自分の番号を書いてくれた時にはカップルになって帰ることができるのですが、当然私はフリータイムで会話をした人の番号を書きました。

そして番号が発表されるのですが、その際にはカップルになる方も多く、こんなにもカップルになれるのかとビックリな気持ちでしたし、自分の番号も呼ばれたらいいなと思いながら待っていました。

次々と番号が呼ばれる中、自分の番号を呼ばれた時にはドキッとしましたね。

本当に呼ばれるとは思っていなかったのでかなり驚きの瞬間でした。相手はもちろん良い雰囲気になれた方であり、選んでくれた時には嬉しかったです。

それからは一応その方とお付き合いをすることになったのですが、初めて参加した婚活パーティーでカップルになれるなんて思っていなかったですし、ずっと出会いのなかった私に素敵な出会いがあって参加して良かったと本当に思いましたね。